つみたて投資

【iDeCo(イデコ)】掛金を増額する時の注意点

「iDeCo(イデコ)の掛け金を増額して、限度額いっぱいまで積立(拠出)したい!」

「年の途中に増額(金額変更)をする時の注意点は?

この記事は、そんな疑問・ニーズがある方向けの内容です。

iDeCo/イデコ(個人型確定拠出年金)とは、国が用意している「じぶん年金(老後資金)をつくるための制度」。

払った掛け金の「全額が所得控除になる」ため、税制面から見て非常にお得な制度です。

掛け金の額は人によって様々ですが、「とりあえず月1万円から」という感じで【上限額まで枠を使い切っていない】状態の方も多くいらっしゃいます。

今回は、そんな方が1年の途中に「やっぱり、金額を上限いっぱいまで増やしたい」と考えた際の、注意点をお伝えします。

(とにかく、“簡単に・分かりやすく”いきたいと思いますので、細かいルール・用語の説明は一部省きながら進めていきます。ご容赦ください。)

掛け金を増額する前に注意すべきこと

①自分の上限額(限度額)がいくらか

iDeCoの掛け金の上限額は、職業等によって異なります。

そもそもの上限額を知らずに増額の手続きを進めると、

「上限額を超える金額で申告してしまった」「元から上限額いっぱいで、増額はできなかった」

というような不備(エラー)の発生する可能性が高くなります。

必ず「自分の上限額がいくらで、あとどれくらい掛け金を増やせるのか」をチェックしてから手続きを進めましょう。

※上限額の詳細はこちらの記事(↓)をご確認ください。

そもそも「iDeCo/イデコ」って何?そもそも、iDeCo/イデコとは? できるだけ分かりやすく「基本のき」をご説明します。...

②増額できるのは、早くても2か月後から

掛け金を増額しようと思っても、すぐにできるわけではありません。

次回詳しく解説しますが、手続きはこんな流れです。

  1. 窓口の金融機関(運営管理機関)から必要書類を取り寄せる
  2. 必要事項を記入して返送
  3. 翌々月(2か月後)の引き落とし分から増額

なお、原則として「月末締め(金融機関に到着した分)」となっていますので、

月をまたいでしまう場合は【更に1ヶ月】先になってしまうので、注意が必要です。

締切をまたいでしまったケース

10月26日(月) 資料請求

10月28日(水) 自宅に書類到着

10月31日(土) 休みの日に書類を書いて、ポストに投函

11月2日(月) 金融機関に到着

日々忙しい中ですぐに書類を返送できない人も多いでしょうから、できるだけ早めに手続きを進めるようにしてください。

※締切につきましては、金融機関によって異なる場合があります。また、今後ルールが変更される可能性もありますので、詳細は窓口の金融機関にお問合せください。

③「年末に残りの枠を使い切る」作戦は可能だが、年末以外は不可

iDeCoは毎月定額で掛け金を払っている方が大多数ですが、年払い・半年払いもできます。

また、「特定の月だけを多く払う」ことも認められているので、【年末ギリギリ(12月)に残っている枠を全部使い切る】という方法も可能なのです。

ただし、年初やボーナスをもうら方も多い6月など、12月以外で1年の限度額を使い切ることはできません。

この点はやや複雑なルールとなっているため、こちらの記事で別途解説しています。

iDeCo(イデコ)で「年払い・半年払い」等を選ぶ時の注意点 「iDeCo(イデコ)は、年払いやボーナス払いも選べますか?」 というご質問をいただくことがありますが、答えは「可能」...

④「年末に残りの枠を使い切る」作戦なら、早めに手続きを!

iDeCoの掛け金の上限額は、引落しベースで「1月~12月を1年の区切り」としています。

(正確には12月分の掛金から翌年11月分の掛金ですが、実際の引落しは翌年1月~12月のため上記の考え方でOKです)

よって、12月の引落しに間に合わないと、その年の枠を使い切ることができずに終わってしまいます。

ですから、冒頭にあったような

「年の途中に金額変更して、限度額いっぱいまで掛け金を積立(拠出)したい!」

と考えた方が、「年末に残りの枠を使い切る」ために1年の後半で手続きをする場合は、要注意。

12月の引落しに間に合うスケジュールで、掛け金の増額手続きを完了させないといけません。

前述の通り、実際に増額できるタイミングは「手続きが完了した月の2か月後」ですから、遅くとも10月までに手続きを完結させる必要があります。

もちろんですが、10月に手続きを始めても、締め日を過ぎて「完了したのは11月」となった場合はアウト。

12月引落しの増額はできずに終わってしまいます。

そうならないように、こう覚えておきましょう。

  • 年末ギリギリ(11~12月)の増額手続きではダメ
  • 10月の締切までに、必ず手続きを完了させないといけない
  • できれば、9月中には手続きを始めた方が良い

毎年11月頃の年末調整時期に、「iDeCoの掛け金を増額して少しでも節税したい」と考える人が増えますが、、、そのタイミングでは間に合わないということです。

ぜひ、余裕をもって手続きを進めるようにしてください!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

私たちは日々たくさんのiDeCoに関するご相談をお受けしていますが、

収入・支出・貯蓄状況とマネープランのバランスから問題なければ、限度額は使い切ることをお勧めしています。

それくらい、iDeCoは税制面で非常にお得な制度だからです。

実際に掛け金の増額をする前に「自分はいくらが適正なんだろう」と迷ってしまった時は、私たちFPのような専門家に相談すると良いでしょう。

お金の事情は人それぞれなので、ネットの情報だけでなく「専門家による個別具体的なアドバイス」を受けることはとても効果的ですよ!

次回、具体的な手続きの仕方を解説しますので、ぜひ合わせてチェックしてください。

【iDeCo(イデコ)】掛金を増額する時の手続き 「iDeCo(イデコ)の掛け金を増額したいけど、手続きはどうしたらいいの?」 この記事は、そんな疑問・ニーズがある方向...

弊社横浜のFPオフィス「あしたば」は、iDeCo/イデコやつみたてNISA、企業型確定供出年金(DC/401k)のサポートに力を入れています

収入・資産状況や考え方など人それぞれの状況やニーズに応じた「具体的なiDeCo・つみたてNISA等の活用法と注意点」から「バランスのとれたプランの立て方」まで、ファイナンシャルプランナーがしっかりとアドバイスいたしますので、ぜひお気軽にご相談ください。

大好評「無料オンラインセミナー」も随時開催中!

FP相談のお申込みはこちら

メルマガ登録はこちら

↓↓↓弊社推奨の「低コストiDeCo加入窓口」はこちら↓↓↓

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします

Twitter で