つみたて投資

【iDeCo(イデコ)】掛金を増額する時の手続き

「iDeCo(イデコ)の掛け金を増額したいけど、手続きはどうしたらいいの?

この記事は、そんな疑問・ニーズがある方向けの内容です。

前回の記事「iDeCo(イデコ)の掛金を増額する時の注意点」↓に続いて、今回は具体的な手続き・やり方を解説します。

【iDeCo(イデコ)】掛金を増額する時の注意点 「iDeCo(イデコ)の掛け金を増額して、限度額いっぱいまで積立(拠出)したい!」 「年の途中に増額(金額変更)をする時の...

(とにかく、“簡単に・分かりやすく”いきたいと思いますので、細かいルール・用語の説明は一部省きながら進めていきます。ご容赦ください。)

手続きの流れ

まずは流れを確認しておきましょう。

  1. これまでの掛け金の納付状況を確認する
  2. 上限額を確認し、増額の仕方を決める(毎月、ボーナス月、年末にまとめて等)
  3. 運営管理機関から「加入者月別掛金額登録・変更届」を取り寄せる
  4. 必要事項を記入して返送
  5. 翌々月(2か月後)の引き落とし分から増額

今回は、弊社が推奨している運営管理機関(窓口となる金融機関)の一つである、「SBI証券」スマホを使って手続きを進める場合の流れをお伝えします。

①掛け金の納付状況を確認する

まずは運営管理機関の加入者ページ(マイページ)にログインして、ご自身の「掛け金の納付状況」を確認しましょう。

(掛け金をいくら払ってきたかを明確に把握している場合は、この項の前半は読み飛ばしてください。)

SBI証券はこんな感じです。

(以下画像の出所:SBI証券のiDeCo加入者サイトおよび利用方法サイト)

まずは、会員サイトにログインしましょう。

 

ログインできたら、右上のメニューボタンから(2)の「資産状況」をタップします。

 

こんな画面が出てきますので、下にスクロール。

 

ここに辿り着いたら、直近の年度の(4)拠出金詳細ボタンを押しましょう。

 

この画面で「毎月いくら掛け金を納めてきたか」が分かります。

②上限額を確認し、増額の仕方を決める

iDeCoの掛金の上限額(限度額)

掛け金の拠出状況が分かったら、年間の上限額と照らし合わせて「いくら増額できるか」をチェックしましょう。

増額の仕方を決める

上限額をふまえて、具体的な増額の仕方を決めます。

2018年からの法改正により、iDeCoは掛け金の払い方(拠出方法)を「月々」以外も選択できるようになったため、

  • 毎月の金額を増やす
  • ボーナス月だけ増やす
  • 年末に残っている枠を全部使い切る

といった具体的な「やり方」と「金額」を、決める必要があるのです。

なぜ必要書類の請求よりも前に決める必要があるかと言うと、「やり方」によって請求する書類が変わってくるため。

後ほど改めて説明しますが、

月々1万円→月々2万円のような「毎月定額での増額」か、ボーナス月だけ・年末にまとめてのような「ピンポイントでの増額」かによって、

異なる書類を提出する決まりになっています。

なお、限度額は「毎月積みあがっていく」ため、各月でそれをオーバーする掛け金の設定にはできません。

前回の記事でも解説した通り、「今年使い切れていない枠を一気に使い切る」作戦は12月しかできないのでご注意ください。

※限度額の考え方は、こちらの記事で詳しく解説しています。

iDeCo(イデコ)で「年払い・半年払い」等を選ぶ時の注意点 「iDeCo(イデコ)は、年払いやボーナス払いも選べますか?」 というご質問をいただくことがありますが、答えは「可能」...

③運営管理機関から必要書類を取り寄せる

掛け金の拠出状況が分かり、増額の仕方も決まったら、次は必要書類の請求手続きを進めましょう。

※今回はSBI証券のケースで解説していますが、この手続きについては運営管理機関(窓口の金融機関)によって取扱いが大きくことなります。あくまでも「ご参考」と思っておいてくださいね。

「毎月定額での増額」の場合

「加入者掛金額変更届」を提出する必要があります。

(11)手続き書類の請求をタップし、次のページで赤丸をしたところをタップしましょう。

赤丸の部分をタップします。

 

画面が遷移したら、スクロールして「資料請求はこちら」を選択。

以下の通り職業によって若干名称が異なりますので、よく見ながら入力しましょう。

  1. 自営業の方:「加入者掛金額変更届(第1号被保険者用)付加保険料納付等に関する届」
  2. 会社員・公務員・私学教職員の方:「加入者掛金額変更届(第2号被保険者用)」
  3. ②に当てはまる方の配偶者で専業主婦(主夫)の方:「加入者掛金額変更届(第3号被保険者用)」

※一部の自営業・会社員の方は上記に当てはまらないケースもありますので、詳細は弊社までお問い合せください。

あとはこの画面に必要事項を入力すれば、基本的に1~2営業日後には書類を発送してくれるはずです。

「ピンポイント(毎月定額以外)での増額」の場合

前述の「加入者掛金額変更届」に加えて「加入者月別掛金額登録・変更届」を提出する必要があるため、毎月定額の場合と手続きが大きく異なります。

結論から言うと、コールセンターでしか書類請求ができません。

実際、先ほどの流れで進めても、毎月定額以外の払い方を希望する場合はこのように表示されます。

ということで、SBI証券の「iDeCo(個人型確定拠出年金)サポートデスク」に電話して、必要書類を請求しましょう。

固定電話 0120-581-214

携帯・PHS 03-5562-7560

なお、曜日や時間帯にもよりますが、短くても10分程度は待たされると思っておいた方が無難です。

④必要書類に記入して返送する

書類が届いたら、すぐに記入して返送しましょう。

「加入者掛金額変更届」

送られてる書類の中に記入例もついていますし、書き方等で特段の注意点はありません。

「加入者月別掛金額登録・変更届」

こちらも送られてる書類の中に記入例がついていますが、書き方で次の点だけは注意してください。

翌々月(2か月後)の引き落とし分から増額のため、

  • 「掛金額」欄の「掛金額変更を申し出た月の翌々月から」、増額後の掛金額を記入
  • 「納付済」欄の「掛金額変更を申し出た月の翌月まで」は、これまでの掛金を記入

する必要がある。

なお、原則として「月末締め(金融機関に到着した分)」となっていますので、月をまたいでしまう場合は【更に1ヶ月】先で記入しなくてはなりません。

例)

8月28日 自宅に書類到着

8月31日 休みの日に書類を書いて、ポストに投函

9月1日 金融機関に到着

→9月が「申し出た月」となるため、増額は11月引落し分から

前回の記事にも書きましたが、「12月に残った枠をまとめて使い切りたい」という方は、10月の締切をまたいでしまったらアウトですので、特に気を付けてくださいね。

※締切につきましては、金融機関によって異なる場合があります。また、今後ルールが変更される可能性もありますので、詳細は窓口の金融機関にお問合せください。

⑤翌々月(2か月後)の引落し分から増額

手続きが無事に完了すれば、前述の通り、申し出月の翌々月の引落し分から増額になります。

ちなみにですが、残高不足にはご注意を!

引落しが出来なかった場合、拠出がなかったものとなりますし、追納等もできないので非常に勿体ないですよ。

銀行口座の残高をチェックしておくようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ご覧の通り、iDeCoはなかなか手続きが煩雑ですね。(運営管理機関によって多少違いますが、大きくは変わりません。)

今後法改正で一部手続きが簡略化される方向のため、そこは期待しているのですが!

それはもう少し先の話ですので、増額の仕方等で困った時は、私たちFPのような「専門家」を活用しましょう。

弊社横浜のFPオフィス「あしたば」は、iDeCo/イデコやつみたてNISA、企業型確定供出年金(DC/401k)のサポートに力を入れています

収入・資産状況や考え方など人それぞれの状況やニーズに応じた「具体的なiDeCo・つみたてNISA等の活用法と注意点」から「バランスのとれたプランの立て方」まで、ファイナンシャルプランナーがしっかりとアドバイスいたしますので、ぜひお気軽にご相談ください。

大好評「無料オンラインセミナー」も随時開催中!

FP相談のお申込みはこちら

メルマガ登録はこちら

↓↓↓弊社推奨の「低コストiDeCo加入窓口」はこちら↓↓↓

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします

Twitter で