FPブログ

【グルメ】野毛ハシゴ酒「ふくふく→ もも」

こんにちは、FPですがB級グルメアドバイザーも自称している安藤です。

今回は僕が大好き&得意なエリア、野毛のお店♪

2度目の緊急事態宣言が明けた後、久しぶりに野毛ハシゴ酒をした時のレポートです!

よく野毛に行くあしたばのスタッフ及び同業(FP)の仲間兼飲み友達と、珍しく新規開拓。

僕よりずっと野毛に詳しい人から教えてもらった名店に、突撃してきました^^

これまで同様、グルメブログは内容も言葉使いもだいぶラフにいきますので、お許しくださいm(__)m

また、この記事の内容は完全に執筆者・安藤の私見です。お店の良し悪しは人によって感じ方が違うと思いますし、料理やサービスも状況によって一定のブレがあって然るべきかと!(それがまた、グルメの魅力ですよね)

よって、あくまでも参考程度にしていただければ幸いです。

野毛「立ち呑み処 ふくふく」

野毛の中でも聖地の一つ、ぴおシティ

これまでの僕のレポートでも度々登場していますが、本当にディープで行けば毎回ワクワクします。

今回はその聖地の中でも特に人気店である「ふくふく」さんに訪問。

立ち飲みでカウンター12席なのですが、今まで10回以上、どの時間帯にチラ見しても毎回満席という人気ぶり。

(席数は食べログ情報です。そんなにあったかな?という感じ。コロナで仕切りが作られたからですかね?)

今回は18:30頃に訪れて、奇跡的に空いてました!

意気揚々と入店。胸が高鳴ります♪

最強メニュー「刺盛」

噂に聞いていた看板メニューが、刺し身の盛り合わせ。すなわち刺盛。

見てください。この量!この大きさ!!

これでいくらだと思います?

なんと、600円です。(しかも税込)

見た目だけでも十分なインパクトですが、一口食べるとマジで美味しい!

生臭さもなく、プリップリッです。

お連れの飲み友達も「何すかコレ!この値段でマジあり得ないクオリティですね!!」と驚嘆していました^^;

2人で食べると一切れずつ食べれてちょうど良いですが、1人だったらこれだけで満足しちゃうくらいのボリューム。

本当に素晴らしいコスパで、ここ最近で一番感動しました♪

もう一つの名物、「凍結丸ごとレモンサワー」

こちらも前から噂に聞いていて、お店の看板にも写真があったので気になっていたメニュー。

レモンの輪切りを凍らせてサワーに沈められた(刺してある)という、インスタ映え必至のドリンクです。

最初の一口がめっちゃ飲みにくいのですが(笑)、うん、普通に美味しい!

チビチビやっているとだんだん溶けてき良い感じになっていきます。

ちなみにこれで400円。

+200円で追いチューハイ(中)をしていけるので、なが~く楽しめますね。

ふくふくさんに来たら、必ず頼むべしです!

他の一品ものも超美味しい

続いて登場したのが、ハムカツチーズ。

どうですか?これ。

もはやハムカツには見えないですよね。普通はもっと薄っぺらいじゃないですか(汗)

なんと、ハムが5枚も重ねてありました。

そこに大量のチーズがイン!美味しくないわけがないでしょう。

一口食べてみると、口いっぱいに広がるジューシーな味わい♪押し寄せる幸福感♪♪

これで400円とは、マジでやられました。

全てがボリューム満点でリーズナブル

メニューや周りの方が頼んでいるものを見て、どれも素晴らしいボリュームであることと、おそらくクオリティも素晴らしいであろうことが確認できました。

「こりゃあ、いつ来ても入れないわけだ」

と納得です。

せっかくだからいろいろ食べたくなりますが、野毛の流儀(特にぴおシティ)は基本「長居するべからず」

当然お店の外に待っている人もいますし、ここは我慢してみんなで幸せを分かち合う方が良いですね^^

1つのボリュームがすごいので、料理は2~3品にしておくと丁度よさそうです。

そんなこんなで、満足・幸福感いっぱいのままお店を後にしました。

読者のみなさんも、一度で諦めず何度もチャレンジしてみてくださいね!

(ちなみに隣の「魚菜酒房 一休」さんは、ふくふくさんの座席バージョンで、ちょこっとだけ値段は高いですが同じメニューを堪能できるようです。僕はまだ行ったことがないですが、そちらでも十分満足できるかと!)

●立ち呑み処 ふくふく

横浜市中区桜木町1-1 ぴおシティ B2F

TEL:非公表

野毛「もも」

続いて訪れたのが、穴子の刺身が食べられると噂の「もも」さん。

野毛のメイン通りから一本路地に入ったところにあります。

大変失礼ですが、看板の見た目がややスナックっぽいため、僕は何度もこの路地を通っているのに気づきませんでした(汗)

意を決して突入!

内観は隠れ家的な雰囲気もあるお店で、大繁盛でしたが何とか入れました。

海鮮ポテトサラダが常識を覆される美味しさ

なんとなく気になって最初に頼んだ、前菜的メニューの「海鮮ポテトサラダ」。

すぐにサーブされたのですが、早速口に運んでみると「何これ!?」という食感。

ポテトサラダなのに「プリップリッ」です。

なんと、大きなエビが入っているではありませんか!

ポテサラに目がない僕としては、一本取られたという感じ。しかも390円

いきなりこのクオリティとコスパで、この後の期待が高まります♪

絶品、穴子の刺身

そしていよいよ登場しました、穴子の刺身

見た目はヒラメの薄造りのような感じです。

早速1切れいただくと、うーん美味しい♪

程よいコリコリ感と独特のうま味があって、いつまでも口の中で噛んでいたくなります。

穴子を刺身で食べるのは初めてでしたが、これは予想以上の美味しさでした。

お値段は980円ですが、このクオリティと「他ではまず食べられない希少性」を思えば、全然高いと感じません。

ももさんに来たら、絶対にトライすべきですね!

揚げ物も素晴らしい

2店目でお腹もある程度ふくれていましたが、僕は揚げ物好きなので、イワシフライもオーダー。

出てくると、ちょっと予想と違う一品が。

もっと衣がしっかりついた「いわゆる居酒屋メニュー」を想像したのですが、薄い衣で繊細な盛り付け具合です。

推測ですが、大将はきっと割烹とかで修行されていたのでしょうね。

もちろん、お味も文句なしにめっちゃ美味しい!

居酒屋でこんな美味しいイワシフライが食べれるとは思いませんでした。

しかもお値段330円。

いやあ、ほんと素晴らしいお店です。ビールが進む進む(笑)

料理のクオリティがどれも高く、お酒もいろんな種類を楽しめる

だいぶお腹いっぱいになったので、後はサッパリ系の一品と日本酒をチビチビ堪能しました。

写真の「こはだの酢〆」も脂が乗りつつ酢が効いていて、後半のツマミに最高♪

お酒も日本酒・焼酎が豊富なラインナップで、頼んだ2種類とも美味しい。(すみません、料理に感動し過ぎて日本酒の銘柄忘れました…)

いろいろペアリングを試したくなりますね。

そんなこんなで、コロナ禍ということもありラストオーダー。

正直、こんな割烹・小料理屋のような料理を頼んだのでお会計が気になりましたが、驚くほどというか申し訳なく感じるほどのお手頃料金でした。

2軒目のももさんも、大・大・大満足

こちらは雰囲気も良いし予約もできるので、ちょっとした会食にも利用できそうです。

もちろん、ハシゴ酒で楽しむのもオススメですよ^^

●炭火居酒屋 もも

横浜市中区野毛町1-45 港興産ビル 1F

TEL:045-250-4129

https://noge-momo.jp/

終わりに

いかがでしたか?

ほんと、野毛はいつ行っても新しい発見があります。

コロナが終息してくれたら、もっと楽しめますね。

野毛は早い時間からやっているお店も多いので、ぜひ早めにお仕事を切り上げて「野毛ワールド」を満喫しにいってみてください!

野毛の飲食店さんも大変な思いをされているはず。

少しでも応援したいです!!

●自称B級グルメアドバイザー・FP安藤の各種SNSアカウントはこちら

Facebook https://www.facebook.com/hirokazu.ando1

Instagram https://www.instagram.com/andohirokazu/

note https://note.com/ando_ashitaba

弊社横浜のFPオフィス「あしたば」は、つみたてNISAやiDeCo/イデコ、企業型確定供出年金(DC/401k)のサポートおよび美味しいお店のご紹介に力を入れています

収入・資産状況や考え方など人それぞれの状況やニーズに応じた「具体的な・つみたてNISA・iDeCo等の活用法と注意点」から「バランスのとれたプランの立て方」まで、ファイナンシャルプランナーがしっかりとアドバイスいたしますので、ぜひお気軽にご相談ください。

大好評の無料オンラインセミナーも随時開催中!

FP相談のお申込みはこちら

メルマガ登録はこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします

Twitter で