FPブログ

【FP安藤ブログ】てっぺん・大嶋啓介氏の講演を拝聴しました。

今日、一般社団法人パッションリーダーズの定例会にZOOM参加し、株式会社てっぺん・大嶋啓介氏の講演を拝聴しました。

大嶋氏のセミナーは5~6年ほど前に一度受講しましたが、その時感じた「凄い熱量でモチベーションアップしていく」のとはだいぶ変わられていた印象。

今回は、言葉の一つ一つが身体に入ってくる感じでした。

もしかしたら、僕自身もその時とはだいぶ変わっていて、捉え方も変わっていたのかもしれません。(成長できたのかなあと自問自答したくなりますが)

とにもかくにも、たくさんの学びと刺激をいただきました。

テーマは「予祝」

メインのお話しは「予祝(よしゅく)」

正直、聞きなれない言葉でしたが、古来から日本にある文化だそうです。

例えば、花見。

元々は「桜が綺麗だから楽しもう」という趣旨ではなく、

「秋にお米が豊作であることを願って、豊作だったつもりで先にお祝いしよう!」

との意味合いで始まったようなのです。

(他にも、盆踊りや「明けましておめでとうございます」の言葉の意味も同じなんだとか)

確かに、仕事でも勉強でもスポーツ等でも、

「良いことが起きてから喜ぶのではなく、まず先に良いことが起きている状況をイメージして喜ぶ」

ことによって、目標達成へのモチベーションが高まることは間違いないと思います。

先人は、それを知っていたということですね。

これは目からウロコのお話しでした。

夢を叶えるためのキーワードは、「ワクワク」

大嶋氏は「居酒屋てっぺん」を創業し、心理学を取り入れた組織づくりで事業を大きく成長させた経営者です。

てっぺんの「本気の朝礼」はメディアや異業種の企業、教育機関からも注目され、今も多数の見学者が訪れるそうです。

彼がいつもお話しされているのは、「夢」について。

夢を叶える、目標を達成するために、最高のパフォーマンスを発揮するには?

と今回も聞かれました。

結論、「自信」「集中」「楽しんでいる」という3つの心の状態、すなわち『心の在り方』が重要とのこと。

特に3つ目の「楽しんでいる」が一番重要で、要は『ワクワクしているか』によって夢が叶うかどうかが決まるようなのです。

心理学の西田文郎先生の言葉

「成功したからワクワクするのではない。ワクワクしているから成功するのだ」

これはめちゃくちゃ刺さりました。

僕も様々な「自己啓発本」を読み漁った時期がありましたが、多くのいわゆる「成功者」と言われる人は、ほぼ例外なく仕事に没頭して本気で楽しんでいます。

それだけ「ワクワクが止まらない」状態なのでしょうね。

自分は仕事にどれだけ「ワクワク」できているか?

今回の講義を受けて、一番考えさせられたのがこちら。

今のFPオフィス「あしたば」の代表としての仕事に、どれだけワクワクできているか?

大マジメに正直に言って、FPの仕事はとても楽しいです。

お客様の人生に寄り添うパートナーとして、資産形成・資産運用のアクションの背中を押し、日々情報を発信しながら困った時は相談役になる。

メチャクチャやりがいのある仕事です。

また、コロナ禍を機に「オンラインマーケティング」に舵を切ることができ、

生活に役立つ記事を日々掲載 → HPのアクセスを増やす → オンラインセミナー・個別コンサルティングの集客アップ → オンラインでも成約 → お客様と長いお付き合い

という事業モデルの転換を実現しつつあります。

これがとにかく楽しくてしょうがない!という状態。

成果としても、上記取り組みをする前と後ではアクセスが【200倍以上】になっています。

そう考えると、僕も少しは「ワクワクしているから、うまくいき始めた」部分もあるのかなあと思えました。

そこに「夢」はあるだろうか?

でも、しっくりこなかったことがあります。

それは、僕のワクワクの先に「夢」があるのか?ということです。

今回の講師の大嶋氏もそうですし、なにかを成し遂げる人は必ず「こんな世の中をつくりたい」というような夢を持っているように思います。

正直、僕にはそこまでのものが無いなと。

このままでは、自己満足の成果を残して平々凡々で終わってしまう。そんな危機感が生れました。

「組織」をつくって、金融アドバイザー業界に一石を投じたい

改めて自分の夢というか、大きな目標を思い起こしました。

それは、「資産形成層に寄り添い続ける“顧客本位なビジネスモデル”を確立し、金融アドバイザー業界に一石を投じること」です。

20~40代の「これから資産をつくっていく世代」に対し誠実に寄り添ってこなかった(今もほぼ変わらず)、金融アドバイザー業界。

この業界の在り方を根本的に変えることは出来ないまでも、一石を投じることは出来るはず!

そんな思いで今の仕事をやっていることを、再確認しました。

普段はこれを思い起こしても、結局日々の業務に忙殺されていきますが、今回ばかりは「組織をつくることで本当に実現させよう」と明確な目標ができました。

「夢」と言えるほどではないかもしれませんが、組織づくりが極めて苦手な僕にとっては、とても大きな夢です。

そんな僕が夢を実現するには高いハードルが待っているのは間違いありませんが、きっとワクワクをもって「予祝」の思考パターンで行動し続ければ、実現できるような気がしてきました。

僕一人の力では、とてもじゃないが金融アドバイザー業界は変えられない。

多くの資産形成層に「正しい資産形成・資産運用」の背中を押してあげることができない。

それなら、苦手とか言ってられるか!組織をつくる他ない!

「組織づくり」に全集中し、それが出来上がったイメージを持ってワクワクしながら取り組んでいくと決めました。

今回のセミナーは、自分にとっての大きな転機になるかもしれません。

大嶋啓介さん、パッションリーダーズのみなさん、本当にありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします

Twitter で