みんなどうしてる?お金のこと

20代、貯金額の平均値はいくら?

「自分と同じ20代でも、みんなけっこう貯金してるのかな?」

20代の方であれば、きっと気になる話ですよね!

同世代の人がどれくらい貯金しているのか、「貯金に関するデータ」をまとめてみました。

まずは、クイズ形式で見ていきましょう。

※2021年6月時点で公表されているデータを基にしています。

【クイズ】

直近の各種調査によると、20代の平均貯蓄額はいくらでしょうか?

① 350~400万円程度

② 250~300万円程度

③ 150~200万円程度

④ 50~100万円程度

↓↓↓

 

↓↓↓(答えはこちら)

 

↓↓↓

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

正解は、です。

どうでしょう?当たりましたか??

では、詳しく見てみましょう。

金融広報中央委員会が2020年に実施した「家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査]」によると、20代の金融資産保有額の平均は292万円でした。

ただし、同調査の[単身世帯調査](=独身者)では113万円となっています。

また、厚生労働省が2019年に実施した「国民生活基礎調査」によれば、世帯主が20代の1世帯あたり平均貯蓄額は、約180万円でした。(こちらは単身世帯も二人以上世帯もごちゃ混ぜです)

20代であれば独身の方の割合が多いはずですので、二人以上世帯のデータも含めて「一人あたり」で考えると、、、

およそ150~200万円くらいが平均値、ということになりますね。

20代の「平均」貯蓄データはあまり参考にならない

上記の調査結果を見たら、「え?そんなに貯金してるの??」と感じる人も多いかと思います。

その感覚は決して間違いではありません。

「中央値」はだいぶ異なる

一部の調査では平均値以外に「中央値」も公表されています。

中央値とは、「回答結果を多い順(または少ない順)に並べた時、ちょうど真ん中に位置する人」の数値のことです。

(平均値は「全ての回答結果の合計を、回答した人数で割る」ことで算出される数値)

中央値の方が、「かなり多い人・かなり少ない人」のデータは除外されて「だいたい真ん中くらいの人」のデータが分かるため、一般生活者の調査では実態を反映しやすくなります。

では実際の調査結果ではどうか見てみましょう。

前述の金融広報中央委員会が2020年に実施した「家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査]」によれば、20代の金融資産保有額の中央値135万円。(平均値は292万円)

同調査の[単身世帯調査]では、中央値はなんと8万円でした。(平均値は113万円)

このデータをふまえると、20代の人は「平均値ほど貯金がない」ケースがかなり多いと考えられます。

20代は、少しの年齢差で大きく状況が異なる

20代前半だと、学生の方もたくさんいらっしゃいます。

働いていても社会人になったばかりの方が大半でしょうし、

将来のことを考えるよりも目先の仕事や勉強、交友関係づくり等に必死!(=貯蓄なんて二の次)という人が多いかもしれませんね。

しかし20代後半になると、だいぶ変わります。

社会人としての収入もかなり上がっていたり、人によっては結婚・出産・マイホーム購入等ライフイベントを経験しているはずです。

そうなると「お金に対する意識」もだいぶ変わりますから、将来に向けて貯蓄をしていく傾向が高くなるのです。

状況は人それぞれ違うのが当たり前。

他の世代でもそうですが、あまり「平均」のデータを気にし過ぎない方が良いでしょう。

FPの現場感覚で「20代前半」と「20代後半」に分けてみると?

そうはいっても、

「実際のところは、みんなどれくらい貯金してるの?」と気になる方もいらっしゃるでしょう。

そこで、私たちFP(ファイナンシャルプランナー)の“現場感覚”の平均値をお伝えします。

これまで私たちは、20代の方から「お金の相談」をたくさんお受けしてきました。

前述の通り「20代前半」「20代後半」かによって、相談内容も収入・貯蓄状況もかなり変わります。

また、「性別」によってだいぶ変わる印象。

ここでは、それぞれに分けてお伝えしたいと思います。

男性

20代前半の方 30~50万円程度

20代後半の方 100~150万円程度

女性

20代前半の方 50~100万円程度

20代後半の方 200~250万円程度

ご覧の通り、正直言って女性の方が貯蓄額は多く、「将来に向けてしっかり貯金している」傾向にあります。

上記は「マネーセミナー」や「お金に関する相談」にいらした方、つまり【お金について意識が高い傾向にある人】の平均値ともいえるので、

実際はもう少し低い数値かもしれません。

あくまでも私たちの「私見」ですし、参考程度にとどめておいてくださいね。

20代の方に伝えたい、「貯蓄」のこと

最後にワンポイントアドバイスです!

ここまでの内容を見て、

「中央値が8万円なら、まだ貯金はしなくていっか」

「平均値よりは貯蓄があるから、それをキープしておけばいいかな」

と感じた人もいるかもしれませんが、

その考え方は、あまりお勧めできません。

20代の方にとって、これから様々な「イベント」が待っています。

  • 結婚
  • 出産、育児
  • 引っ越し
  • マイホーム購入
  • 転職
  • 独立
  • 留学や学び直し
  • 病気、事故、災害 etc…

もちろん全て必ず発生するイベントではありませんが、その時が来たらどれも「まとまったお金」が必要になります。

そんな時にお金が足りなくて、「つらい気持ち」「惨めな思い」味わいたくないですよね?

なので、今持っている貯金が平均値・中央値より多くても少なくても、「将来への準備」をしていただきたいと思います。

「とにかく貯金が苦手なので、貯め方が知りたい」

「そろそろ投資にチャレンジしてお金を増やしたい」

など、ニーズに応じて必要な知識を学べる記事(↓)やオンラインセミナーをご用意しています。

特に「iDeCo(イデコ)」や「つみたて(積立)NISA」など、税金がお得になる国の制度はゼッタイに利用すべき!

ぜひこれを機に、【将来のためのアクション】を起こしてくださいね。

【20代~30代向け】着実に貯金する方法(基礎編) 貯金したいけど、なかなか貯まらない… しっかりと貯金するには、どうすればいいの?(具体的なやり方は?) そんな悩...
【20代の方へ】みんなどうしてる?若手FPの投資法を公開!投資は20代からやったほうがいい? 投資は早いうちからがいいっていうけど、本当…? でも、たくさん勉強してからの方が...

弊社横浜のFPオフィス「あしたば」は、iDeCo/イデコやつみたてNISA、企業型確定供出年金(DC/401k)のサポートに力を入れています

収入・資産状況や考え方など人それぞれの状況やニーズに応じた「具体的なiDeCo・つみたてNISA等の活用法と注意点から「バランスのとれたプランの立て方」まで、ファイナンシャルプランナーがしっかりとアドバイスいたしますので、ぜひお気軽にご相談ください。

大好評「無料オンラインセミナー」も随時開催中!

FP相談のお申込みはこちら

メルマガ登録はこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします

Twitter で