緊急事態宣言発令に伴う対応について

平素は大変お世話になっております。

2021年1月7日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて政府より1都3県に対し「緊急事態宣言」が発令されました。

これに伴う、弊社対応についてお知らせいたします。

基本方針

弊社の事業活動は、お客様・お取引先様・スタッフとその先にいる生活者の安全を確保することを念頭に、感染拡大リスクを大幅に高める可能性があるもの(いわゆる「3密」を避けることができないもの)を除き、万全の対策を講じたうえで継続いたします。

具体的な対策

営業時間

平常時より短縮し、平日10時~18時・土日祝10時~17時とさせていただきます。

セミナー・各種イベント開催

対面でのセミナー・各種イベント開催は見送ります。オンラインでの開催については、引き続き力を入れてまいります。

個別相談・コンサルティング

こちらは原則として対面でもお受けいたします。

対面相談の際は、「十分な換気(ランマオープンの応接室・扉の開放・空気清浄機の利用)、十分な間隔、スタッフのマスク着用、検温、アルコール消毒」を徹底いたします。

また、お客様のご希望によってZoomやSkypeを利用したオンライン面談も対応いたします。

スタッフの働き方改革と体調管理

スタッフの家庭状況等をふまえた休暇取得の許可、テレワーク・時差出勤の推進、体調管理の徹底(出勤日の体温計測と報告義務、マスク着用・手洗い・うがい・アルコール消毒)、感染が疑われる症状が出たスタッフの即時申告義務と出勤停止措置等を実施いたします。

対策強化の実施時期

2021年1月8日より当面の間

終わりに

最後になりますが、弊社の提供するサービスが「不要不急か」という視点についてお伝えしておきたいと思います。

弊社の使命は「生活者の豊かな未来づくりをサポートすること」です。

例えば今回のような状況だからこそ将来に向けたアクションを起こすことは生活者一人ひとりにとって「不要」でも「不急」でもなく、『長い時間をかけることが最も重要』という資産形成の大原則を鑑みても、「今」しっかりとサポートさせていただくことに大きな意義があると考えております。

緊急事態宣言により少なくとも約1か月間は、生活者にとって日々の活動が制限され、経済に対するマイナスの影響も大きくなることでしょう。

しかしながら、感染拡大を抑えるというメリットだけでなく、多くの生活者にとって普段と違う十分な時間を確保でき、将来を見据えた知識習得・情報収集や家族との話し合いの場づくりといった、有意義な時間に充てられるというメリットもあります。

そんな時こそ、しっかりとみなさんに寄り添ったサポートをさせていただくことが、私たちの存在意義であると思うのです。

もちろんですが、営業自粛の対象となる事業者やそこで働く方々にとって売上・収入的にも大きな打撃となり、不安を募らせている方も多いと思いますし、医療現場等で肉体的・精神的に限界ギリギリで奮闘していただいている方もいらっしゃいますので、全員に当てはまる話ではありません。

それでも、少しでも多くの人が今回のピンチをチャンスに変えられるよう、私たちが事業を通してできることを実直にやっていくしかないと考えています。

「これは改善してほしい」「こんなサービス・情報を提供してほしい」といったご意見・ご要望は、ぜひともお聞かせいただけると幸いです。

私たちはチーム一丸となって、みなさんとこの難局を乗り切るべく行動していきます。

より良い、より豊かな「未来」を一緒につくっていきましょう。

 

株式会社あしたば

代表取締役社長 安藤 宏和